© Akiba.TV All rights reserved.

20174/4

激闘に次ぐ激闘!「Shadowverse Rise of Bahamut ~ファミ通CUP2017~」決勝大会開催!

2017年3月26日ベルサール秋葉原にて開催されたのは株式会社Cygamesより配信されている人気スマートフォンアプリで「TCG型本格カードバトルゲーム『Shadowverse』」の全国No.1プレイヤーを決めるイベント「Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~」の決勝大会。


既に今年の2月に開催されていた東日本予選・西日本予選をそれぞれ勝ち抜いてきたプレイヤー8名の中からトーナメント方式にて優勝者を決定。優勝者にはなんと賞金400万円が与えられ、準優勝などそのほかの順位の賞金を合わせると総額700万円にも上るという大規模な大会です。

大会のスタートは朝10:00から。東日本・西日本の各予選の上位4名が会場に集まり、トーナメント第1回戦の火蓋が切って落とされました。


4戦行われた第1回戦の結果、勝利したSKIRGE選手、show選手、ふぇぐ選手、ポテポテ選手の4名が準決勝に進出。


準決勝1回戦目はSKIRGE選手 対 show選手。
予選を勝ち抜いてきた実力者同士の白熱した試合の結果は各種大会でも上位入賞の常連といういSKIRGE選手に軍配が上がりました。


続いて準決勝2回戦目はふぇぐ選手 対 ポテポテ選手。当初ポテポテ選手が勢いに乗って2連勝し王手をかけるものの、ふぇぐ選手の瀬戸際からの3連勝。ふぇぐ選手の逆転勝利となりました。


さらに続けて行われたのは3-4位決定戦。惜しくも準決勝にて敗れたshow選手 対 ポテポテ選手によって行われ、一進一退の勝負の末に3位を勝ち取ったのはshow選手でした。


そして最後の一戦。全国No.1を決める決勝戦には各大会上位常連という実力者のSKIRGE選手と東日本大会では第4位の成績ながら、第1回戦で西日本予選1位のふらわぁ選手を下して決勝に上り詰めたふぇぐ選手。
控え室では一番話しをしていたという両者でしたが、勝負は決勝まで勝ち上ってきたのが頷けるほどの実力拮抗した戦いが続きました。


1戦目はSKIRGE選手・ウィッチデッキ。ふぇぐ選手・エルフデッキでスタート。
先制したのはふぇぐ選手。デッキの特徴を生かして勢いを付けたふぇぐ選手がその勢いのままSKIRGE選手を圧倒。手の打ち所がが無くなったSKIRGE選手がリタイアを宣言して勝敗が決定。
つづいて2回戦目。SKIRGE選手・ヴァンパイアデッキ、ふぇぐ選手・ウィッチデッキを選択。1回戦目で勢いにのったふぇぐ選手がSKIRGE選手の攻撃をかわしつつ、危なげなく2戦目も勝利。

後が無くなったのはSKIRGE選手。3戦目は司会・解説陣が密かに期待していたというヴァンパイアデッキ同士の対決。追い込まれたSKIRGE選手でしたが、ここで抜群のカードの引きを見せて勝利。1勝を巻き返しました。

そして4回戦目。SKIRGE選手・エルフデッキ、ふぇぐ選手・ヴァンパイアデッキでの対決はスタート時には優勢に見えたSKIRGE選手でしたが、カードの引きに悩まされたSKIRGE選手が徐々に追い込まれ、最後はふぇぐ選手の勝利となりました。


勝利が決定したふぇぐ選手は涙ぐみながらもSKIRGE選手としっかりと握手をして健闘を分かち合っていました。


表彰式ではプレゼンターとしてゲーム業界のレジェンドであり、一般社団法人e-sports促進機構の代表理事を務める高橋名人と、同理事を務めるファミ通グループ代表の浜村弘一氏が登場。
素晴らしい熱戦に両者とも大きな賛辞を送られていました。


また、表彰式の最後にはShadowverseの製作プロデューサー木村氏から同ゲーム初の海外交流戦となる日韓戦の開催が発表され、今後もより一層の展開を見せることが約束され、大賑わいの中で大会が締めくくられました。


今回行われたShadowverseの全国大会。試合会場の出場選手の応援団や観覧ユーザー、国内外からのメディアの注目度からe-Sportが日本国内でも賑わいを見せはじめている様子が伺えました。
海外交流戦も控えてタイトルとしても勢いを見せるShadowverse。今回の大会の様子はニコニコ生放送FRESH!OPENREC.TVTwichにてアーカイブ動画も配信中なので、熱戦の様子は是非アーカイブ動画も合わせてご覧ください。
まだ遊んでいない方はこれを機にプレイしてみては?

≪関連リンク≫
一般社団法人e-sport促進機構
Shadowverse 公式サイト
「Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~」大会特設サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

明日8月10日お時間ありますか?ぜひ神田明神にお越しください

最近の夏休みは分散傾向ですが、本日8月9日から恒例のコミックマーケットもスタートし、社会人も含めて夏休み本番の方も多いのではないでしょうか。…

★夏葉原★スチームパンククリエイターが一堂に会する「スチームパークin秋葉原」が7月6日・7日開催!

7月5日から行われている共同PRキャンペーン「夏葉原」。 「夏葉原」についてはこちらの記事をご覧ください。 秋葉原の主要施設イベント…

6周年を迎えたCHABARA内「日本百貨店しょくひんかん」で記念イベント『食べん祭(たべんさい)』開催!

JR秋葉原駅高架下のスポットして定着しているCHABARA(ちゃばら)内の「日本百貨店しょくひんかん」。 2019年7月にオープン6周年を…

秋葉原の主要施設イベントと地域300店舗以上がアニメ・ゲーム6タイトル+1とコラボ♪ 「夏葉原2019」本日7月5日から開催!

昨年より開催されている、秋葉原の夏イベントを融合したPRイベント「夏葉原2019」が、今年も本日7月5日から8月13日まで開催されています!…

恒例「秋葉原電気街まつり」が本日7月5日から開催!「夏葉原」と連動も!

毎年春・夏・冬の3回開催される秋葉原電気街のキャンペーンイベント「秋葉原電気街まつり」。 令和最初となる「秋葉原電気街まつり」は、本日7月…

ページ上部へ戻る